エグゼ酵素 二日酔い 予防

二日酔いの予防は飲む前が大事です

二日酔い 予防・防止ツライ二日酔いの予防・防止は事前の対策をしておけばその多くを防ぐことができます。

 

事前準備が大切で、後でいくら対策をしても二日酔いを予防することはできないので、予防の準備をしてお酒を楽しみましょう。

 

ですが、二日酔いの原因は様々で、これをすれば完全に二日酔いの予防になるかというと、今だ解明されていないのも事実です。

 

飲酒前の空腹を避け二日酔いの予防対策をする

二日酔い対策 軽食空腹を避けるとアルコールの吸収が遅くなりますので、飲酒前からできる二日酔いの予防対策として効果が高いようです。

 

胃の中に食物が入ることでアルコールの吸収速度が遅くなり、血液中のアルコール濃度の上昇速度が穏やかになります。それで急激に酔いが回ったり悪酔いしにくくなります。

 

 

具体的には飲み会の前に軽く食事をしておくといいでしょうが、それが出来ない場合はお菓子などをチョッとつまむことでも効果があります。

 

また、アルコールを飲みながら水も一緒に飲むと胃の中でアルコールが薄まり酔いにくくなり二日酔いにもなりにくいです。

 

 

これは出来るだけ酔いたくない人にオススメの方法です。

 

そもそも付き合いで飲みたくないお酒でも、アルコールのゆっくりとした吸収で飲酒そのものを楽しみながら、水を飲むことがアルコール量を減らすことになるので二日酔い予防策には良いでしょう。

 

お酒と同量の水でアルコールがかなり薄まります。

 

 

「チェイサー」はご存知ですよね?

二日酔い対策 水強いお酒を飲んだ後に飲む水のことですが、一般的に、悪酔いを防ぐためだと思われていますが・・・?

 

基本的に、チェイサーとは、強いお酒を飲んだあとに飲むアルコール度数の低い飲み物のことで、水でなくてもいいんですね。

 

 

1.チェイサーの役割は?

度数の強いお酒を飲んだ直後にチェイサーを飲むことにより、のどの粘膜についたお酒を洗い流し、胃の中で酒とチェイサーが混ざることにより、水割りを飲んだようになって胃に優しくなります。

 

それで、急な酔いや悪酔いを防ぐためです。

 

 

2.お酒の味わいを引き立てるため

ウィスキーなどをストレートで飲み続けると、その味わいや風味に舌が慣れてきてしまいます。

 

そいうときに、一度チェイサーをはさみ、舌をリセットしてから2杯目を飲むことによって、いつまでも一口目の新鮮な味わいが楽しめるのです。

 

ワインなどを飲む時も、お水が一緒に提供されるのでこれと同じでなんでしょう。

 

お酒をおいしく、長く楽しく味わうために、お水がいかに大事な役割を担っているのかですね。

二日酔い対策の飲み方

「とりあえずビール」は飲み会の基本で、空きっ腹にグイグイ流しこむ爽快感は格別ですが・・・?

 

ツマミなどの料理が来る前に2杯めなんか頼んだりしますね。
このような飲み方をしていると、料理が揃う頃にはいい感じに酔いが回っているのではないでしょうか。

 

こんな飲み方、実はあまり良い飲み方ではなく、料理を食べてから、それとも事前に軽食を食べておくのがベストでしょう。

 

空きっ腹の方がビールは美味しいのですが、なにしろ二日酔い対策なのでガマンしましょう。

 

 

お酒のツマミ 冷奴胃の中に何か入っている時は、アルコールの吸収が穏やかになりますので、空腹の時はしばらくお酒よりツマミを優先して食べる方が良いですね。

 

さらにご飯類を食べるとお腹が膨れて満腹感でお酒のペースも必然的に落ちてきますので、これも飲み過ぎる事も無く二日酔いの防止に良い効果をもたらします。

 

 

お酒のツマミにはタンパク質が豊富なものが適しています。

 

その中で早く提供されるのが、居酒屋定番のメニューとしては、枝豆、冷奴、湯豆腐、肉豆腐、煮込み、ささみの焼き鳥、だし巻き卵などがオススメです。